荒栄ブログ

地盤補強工事

2017/04/28

こんにちは。

社長の荒川です。

 

初夏の風景を昔から「青山緑水」と言いますが

この時期の川は、まさに「緑の水」

雪解け水なのか、太陽光の加減なのかは判りませんが

本当に綺麗な色をしています。

 

一雨ごとに

庭の木々は新芽や若葉が広がり

下を向けば草草があっ!と茂っています。(苦笑)

 

今日は、現在工事中の写真を基に、少し真面目なお話です。

 

木造住宅を建てる前にも地盤調査を行います。

 

これは表層から4mの深さまで地盤が弱かった為

4m下の堅い地層まで届く鋼管杭を打っている写真です。

 

適当な位置…という訳ではなく

建物の柱や壁が乗っかるポイントに打ち込んでいきます。

 

地盤補強工事には、セメント(六価クロムが発生しない種類)と土を混ぜたり

砕石を使う方法もあります。

 

先程の鋼管杭を打ち込んだ上に基礎の鉄筋を組み立てた写真です。

傾斜地での新築工事ということから鉄筋が細かく組んであります。

 

7年前、

鋼管杭による補強工事を提案された時はビックリしましたが

最近では、施工する側にとっても安心につながっています。

 

生命財産の入れ物である住宅に求められる安全は

省エネルギー性能(寒くなく暑くない)とともに

10年前、20年前と比較して高いものが求められています。

荒栄ブログ記事一覧に戻る

アーカイブ

検索

最新記事

よく読まれている記事

〒939-8211 富山市二口町1-10-1 [ MAP ]