荒栄ブログ

冬の立山

2017/11/28

こんにちは。

社長の荒川です。

 

立山登山の起点、立山駅です。

 

11月最後の日曜日

機会を得て、立山の室堂・黒部湖を目指した…のですが

 

視界不良の為、室堂までの高原バスは運休となって

ケーブルカーで美女平までとなりました。

 

500メートルの標高差を7分で登るケーブルカーは

車両もホームも階段!になっています。

 

標高1000メートルの美女平は真冬でした。

 

この一帯は、立山杉を始めとする大きな木々が群生しています。

立山杉は流通量が極めて少ない為に知名度は低いのですが

屋久杉などと同様に銘木材の1つに入ります。

 

自宅の玄関戸に嵌った立山杉の鏡板(黒い部分は撮影者の影です。)です。

鏡板に仕上げて30年経過し、年輪は浮造りのように立ってきています。

 

立山杉は全体に赤味を帯びて、上品で細かな木目が特徴です。

(屋久杉はもう少し赤味が強く、細かな木目がうねっています。)

 

今回、40年ぶりの立山室堂を期待していましたが

来年以降のお楽しみとなりました。

残念ではありましたが、ほんの少し立山を近くに感じることができて

山に魅せられる方々の気持ちがちょっと判った気がしています。

 

荒栄ブログ記事一覧に戻る

アーカイブ

検索

最新記事

よく読まれている記事

〒939-8211 富山市二口町1-10-1 [ MAP ]