荒栄ブログ

土佐漆喰

2018/07/06

こんにちは。

社長の荒川です。

 

一昨日の夜から雨が激しく降っています。

この雨がやんだら梅雨明け!でしょうか。

 

黒い染料を混ぜた「土佐漆喰」です。

(土佐漆喰はどろっとした状態でビニール詰めされて届きます。)

(白壁であればそのまま、色をつけたい時は染料を混ぜます。)

 

土佐漆喰は発酵させた「藁すさ」を接着剤として混ぜていることから

現場には独特の腐敗臭が漂います。

(もちろん、乾燥すると無臭となります。)

この臭いは好ましいものではありませんが

「本物感」「高級感」がプンプンします。

 

これは「コテ磨き」をしているところ。

 

通常の漆喰や聚楽壁はさっとコテ仕上げしますが、

土佐漆喰は厚塗りとなります。

しかも、厚く塗った後から何度も何度もコテで磨きを続けます。

 

完成すると…

表面がつるつるに仕上がっているのに

波のようなコテ跡がうっすらと景色になって残ります。

 

手仕事の跡、いいですよ~。

 

 

荒栄ブログ記事一覧に戻る

アーカイブ

検索

最新記事

よく読まれている記事

〒939-8211 富山市二口町1-10-1 [ MAP ]