荒栄ブログ

からすの糞害(おともだち作戦)

2018/10/01

こんにちは。

社長の荒川です。

 

「11月のお茶会に掛ける絵(掛軸)があったら言ってくださいね…」と電話をいただき

ふと思い出して、引っ張り出してみました。

 

くちばしが黒く描いてありませんが

「からす」が柿の枝にとまっています。

描かれたのは江戸時代。

この絵、「からす」がほっこりしているのが気に入っています。

(この絵を見ると、うしろから、両手でそっと掬いたくなります。)

(昔は、「からす」嫌いだったのですが…)

 

 

20年前のこと

家の周りの糞害が(夕方、道路に雪が降ったみたいに)酷かったことから

逆転の発想(単なる思いつき(笑))で

「からす」を好きになる努力を始めてみました。

 

季節外れの「からす雪」にもむりやり笑顔を作りながら

数カ月経過すると…

不思議なことに、本当に「からす」をかわいいと思い始めます。

 

そして、いつのまにか

夕方ミーティングに集まる「からす」の数は変わらないのに…

糞害がほとんど無くなっていました。

(20年近く続いています。)

 

 

「おともだち」の気持ちが伝わっているのかもしれません。

 

 

効果は、まったく保証できませんが

「からす」かわいいですよ。

 

荒栄ブログ記事一覧に戻る

アーカイブ

検索

最新記事

よく読まれている記事

〒939-8211 富山市二口町1-10-1 [ MAP ]